テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスショット

バックハンドストローク 〜 両手にするか?片手にするか? 〜

こんにちは。

杉澤です。

今日は

バックハンドストローク 〜 両手にするか?片手にするか? 〜

についてです。

本当皆さんこれも結構悩んでいる方が多いですね。

私が考えるに

両手の方が簡単です。

両手バックの利点について

今のラケット、ガットは飛ぶのでスイング半径が短くて済みます。

両手がグリップにあるので大崩れしにくい。

高いボールに対応しやすい。

リターンを打ちやすい。

深いボールを処理しやすい。

両手バックの難点は?

スライスへの移行とスライスへの慣れが必要という事でしょう。

よくフットワークが難しいと言いますが、さっき述べたようにスイングが小さくても飛ぶので
間に合わなければオープンスタンスで当てるだけでいいです。

さてここで選手の動画を見て見ましょう!

両手バックと言ったら

アンドレアガシ

90年代にライジング、高い打点からのダウンザラインを打てたのはアガシくらいです。

そして神のリターン。
4歳でジミーコナ-ズとラリーをし
1日にボール出しマシーンで1,000球打ちこんだという逸話もあります。

ガットが40ポンド
(当時のアガシは80P!!で張っていた。ケブラーという素材だったからでしょう)
でも同じボールが打てたそうです。

さて片手バックに戻って

片手バックの利点

スライスに移行しやすい。

グリップチェンジが簡単

フォームが綺麗

片手バック難点

高いボールが打ちにくい

感覚が掴みにくい

深いボールの処理が難しい。

リターンでハードヒットするのが難しい。

手打ちになりやすい。

片手バックと言えばこの方しかいないでしょう。

ロジャーフェデラー

フェデラーのすごさは

打点の前後の幅が異常に広い。
ハーフバウンドでもハードヒット出来る
超ライジングでコントロール出来る。

その彼でもナダルのボールには合せきれずにシャンクしてますね。
シャンクとはフレームで打ってしまう事です。

私も27歳まで片手バックでしたが、その後両手に変えました。
最初は試合中プレッシャーがかかると
すぐに片手スライスになってしまってなかなか移行が大変でした。

結論的には両手をある程度打てるようになったら、
片手スライスを練習するのがいいです。

片手バックは上体がバランスが取れていて
体幹がしっかりしていれば選択するのも一つの手でしょうね。
ただある程度のセンスが必要です。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスショット
-,

Copyright© 東京の テニス プライベートレッスン なら 【 テニス探求塾 】 へ , 2020 All Rights Reserved.