テニスの上達を最優先に考えたプライベートレッスン、個人レッスンならテニス探求塾。圧倒的な指導数と経験で、あなたのテニスを上達させる自信があります。他のテニススクールで上達しなかったとお悩みの方、ぜひ一度お試し下さい。

プロフィール

  • HOME »
  • プロフィール

皆さんこんにちは。

テニス探求塾代表の杉澤です。

DSC00192


私のプロフィール見に来て頂きありがとうございます(^^)

テニス事業を中心に展開してるプロテニスコーチです。
スクールレッスンを経て現在までプライベートレッスンのみで1,000人以上の生徒さんと接してきました。

生徒さんの中には受講後2年で初級者からコーチと試合に出て優勝するまでになった方もいます。
上級者の方からも目からウロコのレッスンと言って頂く方もいらっしゃいます。

現在はネットとテニスの融合にも興味があり勉強しています。

<杉澤慎介のプロフィールと実績>


氏名
杉澤慎介
生年月日
1975年2月15日
出身
新潟県 上越市
最終学歴
拓殖大学外国語学部卒業
テニス歴
23年
コーチ歴、資格
コーチ歴20年 日本体育協会公認テニス指導員
プレースタイル利き腕
ストローク中心のオールラウンド右利き 両手打ち
使用ラケット
WILSON BURN 100
趣味
人間観察、温泉に行く事体の使い方の研究
健康になる知識を集める(若干健康オタクです。)
ミッション
生徒さん皆さんがどんどん上達していくレッスンを広めていく事
戦績等
●2005年

淡路島オープン ベスト8
上越オープン ベスト16

●2007年

大磯オープン ベスト16(5月、12月)
京王オープン ベスト16
東宝オープンinサマー ベスト16
野田オープンベスト8

●2008年

京王オープンⅠ ベスト8
北海道選手権  ベスト8

●2007年 2008年

武蔵野市春季テニス大会 男子シングルスA 優勝
都市対抗出場
武蔵野市秋季テニス大会 男子ダブルスA 準優勝
JTA  ランク 男子シングルス 226位 (2008 年6月現在)

●2011年

ブリジストン毎日テニス選手権 35歳以上の部 シングルス ベスト8

●2013年

2月 京王オープン  35歳以上の部 シングルス優勝
5月 軽井沢オープン 35歳以上の部 シングルス優勝

●2014年

5月  軽井沢オープン       35歳以上の部 シングルス優勝
10月 全日本ベテランテニス選手権 35歳以上の部 シングルス出場(予選)
11月 東京都ベテランテニス選手権 35歳以上の部 シングルス優勝

●2015年

9月 横浜オープン           35歳以上の部 シングルス優勝
10月 全日本ベテランテニス選手権 35歳以上の部 シングルス出場(本戦)

●2016年

10月 全日本ベテランテニス選手権 35歳以上の部 シングルス出場(予選)

●2017年

1月 京王オープン   35歳以上の部 シングルス優勝



【コーチのデモンストレーション】

ストローク&ボレー


サーブ




テニスとの出会いから、現在に至るまでのストーリー


●生誕~保育園

全く運動という感じを抱かせない赤ちゃんでした。

●小学生時代

運動会では下から数えた方が早く、水泳、陸上、とやりましたが…。
運動は好きでしたが苦手でした。
家で勉強している方が好きでした。

エレクトーンを小学校3年生〜6年生までやっていました。
発表会にも出てました。
このまま音楽を続けていたら人生変わっていたでしょうね。


●中学生時代

なぜか軟式テニス部に入部。
上級生の理不尽なしごきと
トレーニング嫌いで2年中盤で退部。

そのまま受験勉強へ突入。。

我ながらいろいろと多感な時期で大変でした。


●高校生時代

正直に告白します。
私は二流はおろか、三流選手でした。



雪深い新潟県で高校から硬式テニスを始め、
部活はまともに練習する雰囲気ではなく、
テニス同好会に近い感じでした。

その雰囲気に流されずにやればいいのですが、
そこまでの意志もなく続けていました。

2年になりキャプテンにも選ばれ、やる気は出てきました。
ただ試合では地区大会はなんとか勝って、
県大会に出たもののあえなく1回戦負け。

全国ではなく県ですからね。

県の上位はインターハイに出ている選手もいてあまりにもレベルの違いに驚きでした。。


「こんな奴らがいるのか。。」

自分では最大の努力をしてこの結果・・。

「一体どういう事をしたら、あのようになれるのか?」

この頃から、本格的にテニスの研究を始めた事になります。

●大学生時代

大学の体育会に入ろうとしましたが、バイト禁止で入れず(泣)
いろいろテニスコーチのアルバイト面接受けましたが下手すぎて受からず。
テニスサークルにも入らず、1~2年は普通に他のバイトをしていました。

ほとんど授業にも出ず大学生活を謳歌してました。

大学3年から近くのスクールに研修生として入り
1年後にアシスタントコーチになりました。

●フリーコーチ1年目~3年目

とにかくがむしゃらにレッスンでした。週7回1日8時間以上レッスンをやってました。
休まなかったのとケアをしない事でぎっくり腰になりました。
立つのも辛かったですが生活の為にレッスンする毎日。

治療費もかかるし厳しい日々でした。
ただここで鍼灸治療に出会い、そして自分の体と向き合う事を始めました。

この出来事によって人間の体とはどういう構造になっていて
テニスで使う筋肉、関節についても勉強を始めました。

この頃から草トーナメントに出始めました。
たまに優勝をしたりもありましたが、ただテニスしてただけでした。

25歳頃からまわりのコーチの影響もあり日本ランキング(JOP)
の試合をシングルス中心に回り始めました。

●テニスコーチ3年目~8年目

公式試合は3年間予選を上がれずもがいていました。
気持ちだけは全日本に出たいと思っていまっした。

プライベートレッスンは少しずつ自分独自の理論を展開し始めました。
沢山の情報を漁り上手くなるにはどうすればいいか研究の日々が始まりました。
生徒さんに結果を出すレッスンをやる必要性が出てきました。

やはり参戦している選手は毎日練習していてたりジュニアからやっている(試合に出ている)
選手にあたるとなかなか勝てず、3年は予選を回りました。
試合になると自分の力を出せずに負けてしまう日々はとても厳しい時期でした。

「小さい頃からやるとこんなに違うのか…。」

「自分なんか全国大会も出てないのに無理だ…。」

と自問自答していました。

コーチになったばかりの頃は右も左も分からず、
先輩コーチのマネをしているだけでした。
ただ同じ事の連呼と、ナイスショット!の連呼。

「これでは絶対に生徒さんは上手くならない」

と感じ、テニスの本の技術解説ページや
コラムを図書館に行って勉強しました。


期間は1年間以上、量としては、1970年代~2000年代
まで、約1100ページ以上にも及びました。

また私自身が16年間で1,000人以上を教える中で、既存の教本、
テニス指導メソッドだけでは、無理だという事に気付きました。

そして長い年月をかけて誰にでも共通する要素を導き出しました。

プロ20年間で、セミナー参加、書籍購入、学会の参加等の投資額は1000万円以上になりました。

現在もまだまだ研究費を投じています。

<セミナー、講習会等参加実績>

・運動科学研究所合宿(身体操作を高める、呼吸)
・TAOプレイス(身体操作、治療)
・TPP(高島平にあるテニス専門トレーニングジムに2年在籍)
・NLPの講習
・各種テニス協会講習
・テニスフォーラムへの参加(関西で開催)

この経験は今見返してみても、
大量のインプットと経験になりました。
しかしこの学びがある事で、全く違う角度から
テニスを見る事が出来るようになりました。

また他のスポーツ、武道等からより効果的で、
テニスに生かせる身体操作が見つかる事もあります。

私は常に生徒さんの動きを一度で見切ろうと
常に思いながらレッスンに挑んで来ました。


ただここでメンタル、フィジカル、練習の仕方を考え実行する
作業を究めていく過程が今のコーチングの基礎になりました。

より自分のテニスを高めるために26歳から28歳まで、テニス界のフィジカルトレーニング
第一人者のTPPトレーニングジム田中洋先生と歩先生にお世話になり、
テニストレーニングの基礎(フットワーク、ウエイト、テニスの専門性の高いトレーニング)
を自分の体で体感しランキングも300位程上げる事が出来ました。

シングルスでJOPの本戦に上がれるようになったものの、1回戦突破はならずまた壁に当たりました。

また練習環境も工夫しジュニアスクールでジュニアに混じって練習しジュニアの練習法や
考えも学べました。その頃から局所の筋力を強化する方向のトレーニングだけではテニスの
質が上がらない事に気づき始め、22歳の時に腰を痛めた経緯もあり、ただ筋力に頼るのではなく
もっと効率的に動くにはどうしたらいいのか考え始めました。

いろいろな本を読み漁りながら高岡英夫先生の本に辿りつきました。
高岡先生はゆる体操等でTVにも出演していて、
陸上の朝原選手にも個人指導をしていました。

自分もその合宿に参加して多くの学びを得る事が出来ました。
その後日本ランキング200位台に到達した後、もう少し高い目標を目指したい
気持ちはありましたが、オープン大会は引退しレッスンに専念し始めました。

●2006年 テニス探求塾設立

32歳でテニス探求塾を設立しました。

「なかなか上達できるスクールがない」

「スクールに行っても上達しない」


という声を聞いていて

自分にできる事は何か?

と思いプライベートレッスンを始める事になりました。
PCもろくにできないのにサイト自体を作る事から始めました。

徐々にお客さんも定着してきて
今は時間があればイベントレッスンもやっています。

また自分のプレイも再開して現在は時間の許す限り
草大会やベテラン大会にも出場しています。


2013年 軽井沢トーナメント優勝

CIMG6469
 

 

 

 

 

 

 

2014年 全日本ベテラン出場

IMG_2028
 

●テニス探求塾設立~現在まで

2006年からテニス探求塾を設立しました。
他にはない指導やサービスを追求して、現在まで活動しております。

当塾で指導した方には、

「わずか2年で、初級者から優勝するまでになった」
「上級者、コーチレベルの方からも目からウロコのレッスン」

と言っていただき、誠に嬉しい限りです。

また2014年には自らのテニスメソッドを動画配信形式で学べる

「全身連動メソッド」


をリリースしました。

そして2016年には

「BPTメソッド」


もリリースしております。

そして11月には

プロコーチの集客支援システム

「高単価レッスン集客システム」


をリリースします。




今後のビジョン


プロになってから16年で1,000人以上の生徒さんと接してきました。
後半はグループ、プライベートレッスンとかなり結果を求められる中でのレッスンでした。

今までの膨大な知識と経験を活かし皆さんを満足できるレベルまで引き上げたい!

と思っております。

上達の情報は自分のやり方にこだわる事なく、様々な分野から常にアップデートしております。
西洋的なトレーニングだけではなく、東洋の身体操作にも明るく両方の要素を
取り入れてレッスンしています。

そしてその膨大な知識を駆使して皆さんの動きを
解析していく力は一度で変化を感じ取れる程です。

探求塾に関わって下さる方を全てを満足して頂けるレベルまで
引き上げたいと思っています。

この情報化社会の中で一つ形にこだわっていては成長、変化は出来ません。
クライアント様に対する価値の継続的な提供は出来ません。
社会構造は劇的に変化しています。

当然テニスコーチも変化していかなければなりません。

これからも、より高い質の情報を提供出来るよう努力して参ります。

テニス探求塾代表 杉澤慎介