テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

コーチング

ストロークスタンスの悩み 〜 オープンスタンス、スクエアスタンス、セミオープンスタンスどう使い分ければいいか? 〜

こんにちは。

杉澤です。

今回は

ストロークスタンスの悩み 〜 オープンスタンス、スクエアスタンス、セミオープンスタンスどう使い分ければいいか? 〜

についてです。

ストロークのスタンスをどうすれば良いか迷っている方多いですね。

(今回は初級者〜中級者くらいの方を対象としてます。使い分けれている方は読む必要ないかと)

 

巷ではまだオープンスタンスが誤解されている感がありますね。

(今回はわかりやすくフォアハンドストロークで説明していきます。)

これがオープンスタンス

セミオープンスタンス

スクエアスタンス

誤解を招いているだろう例を挙げると

・トップコーチング(トップ選手を教えるコーチ)
が踏み込んで打つのが正しいというケースがあります。

・メディアに出ているコーチが下がってから打てと言っているケースもあります。

・スクールコーチで踏み込め1点張りの場合もあります。

 

これに関して

場面に応じて両方必要

が答えです。

どちらかのスタンスでなんとかしようとすると必ず上手くいかない、機能しない場面が出てきます。

 

各スタンスの特徴をまとめてみます。

オープンスタンスのメリット、デメリット

メリット

・ステップ数が少なくて済むのでリカバリーが速い

・体をひねりやすい

デメリット

・フットワークがルーズになる可能性(ステップ数が減る)

・インパクトで体が開きやすくなる

セミオープンスタンスのメリット、デメリット

メリット

・様々なボールに対応できる

・両足が地面に着き体が安定するのでショット方向が出やすい

・方向性を出しやすい

・ボールを押し出したい場合はその動きを再現しやすい

デメリット

・ほとんどない

・スクエアに比べれば体が若干開き易い

スクエアスタンスのメリット、デメリット

メリット

・体が開かないので打球方向へ振り抜きやすい、打ち負けない

・方向性を出しやすい

・低いボール、浅いボールに対応しやすい

デメリット

・戻り(リカバリー)に時間がかかる

・高い打点が打ちにくい、体を回転しにくい

それぞれに使う用途があるので両方使えるようにしておきたいですね。

ここで動画見ながら解説をしていこうと思います。

いかがでしたでしょうか?

まとめ

スタンスはコートの種類、相手のレベル、ボールスピード、スピン
と様々な要素を判断して使い分けたいです。

【イベントレッスンのお知らせ】

6月29日土曜日にフォアハンドイベント開催します〜! 

 

スタンスの使い分けももちろんやっていきますので
ご参加お待ちしております!

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-コーチング
-,

Copyright© 東京の テニス プライベートレッスン なら 【 テニス探求塾 】 へ , 2020 All Rights Reserved.