テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスに適した体作り テニスの常識と非常識

テニスでの脱力について 〜 少ない力で打つ事で打感が消えるのか?〜

こんにちは。

杉澤です。

今日は

少ない力で打つ事で打感が消える?腕の振っている感覚も消える

について書いてみようと思います。

これは言葉で表現するのが難しいですし、分かりにくいと思います。

やはりこの人の動きを見ると参考にはなります。
以下のペースだと腕はラケットの重さだけを感じながら打っているますね。

7分過ぎて暖まってきた所で少し腕を振りが加わってきています。

一般的な力というのは(一般的とは体の鍛錬や脱力感をわかっていない場合です。)
屈筋(肘を曲げて握りこぶしを作るような力)がイメージしやすいと思います。

images

こんな感じですね。

この力はあった方がいいですがある段階までです。
付きすぎるとスイングの邪魔をしてしまいます。

※ある段階とは重力に反発してラケットを動かす、ラケットを振っても怪我をしない程度

この力を強くしていくと
いわゆる「力み」になります。

私が考える全身を連動させるとイメージとしては

体の大きな部分を使う
手足(枝葉)は力を伝える道具(ある程度の剛性は必要)
くまなく全身を使う事

これがラケットからボールに伝わった時に

「打球が軽く感じる」

「腕を使っていない感じ」

という感覚がプレーヤーに残ります。

本物の脱力感覚身につけてみてください!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスに適した体作り, テニスの常識と非常識
-

Copyright© 東京の テニス プライベートレッスン なら 【 テニス探求塾 】 へ , 2020 All Rights Reserved.