テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

イベントレッスン テニスに適した体作り

8/11(祝・木)サーブレッスン開催しました~サーブの肘の位置を考えよう~

こんばんは。

小渕です。

日本中が沸いた錦織選手の銅メダルを筆頭に

リオオリンピックでの日本選手団の活躍

素晴らしかったですね!

明日の全米オープンベスト4を掛けた

マレーとの一戦に期待が高まります!

20160906_nishikori_546_0510[1]

8月11日(祝・木)にイベントレッスン【サーブ】開催しました。

3名の方にご参加いただけました。

DSC_0939

レッスンの後半には皆さん回転の掛かったサーブが徐々に打ててきました。

DSC_0935

そこでテニスにおける肘の位置の重要性について

書いてみたいと思います。

肘の位置は身体(肩・胸)に対して前になるようにします。

DSC_0996

この位置に置くことにより、動かしやすく、力が入りやすくなります。

それはすなわち『道具(ラケット)を使いやすい』ということを意味します。

レッスンではペンで壁に字を書くイメージ、

もしくは箸を使うようなイメージと伝えています。

DSC_0997

【サーブを後ろから見た画像】

良い例

・両肘が肩よりも前方にある状態

・ラケットは頭上のあたり

・肩への負担が少ない

DSC_1000-1

悪い例

・両肘が肩より後方にある状態

・ラケットは頭より後方

・肩への負担が大きい

DSC_1001-1

【フォアハンドストロークに応用】

・肘が肩より背中側にいかない

・ラケットが胸の前方にある状態

DSC_0994

DSC_0994

そのほかにもバックハンドストローク、ボレーでも同様です。
ぜひ、お試しください。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-イベントレッスン, テニスに適した体作り
-

Copyright© テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾 , 2020 All Rights Reserved.