テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

精神力向上シリーズ

言葉と心の関係 〜 ネガティブな言葉のパフォーマンスへの影響 〜

こんにちは。

杉澤です。

admin-ajax

今日は

言葉と心の関係 〜  ネガティブな言葉のパフォーマンスへの影響〜

について書いてみます。

 

特に今回のテーマは頑張り過ぎて上手く行っていない人へ伝えたいなと思っています。
このパターンの方が日本人には多いです。

密接に絡んだ心と体

・心の状態が体に影響します。

・体の状態が心に影響を及ぼします。

テニスというスポーツはそれが顕著に出る

のです。

テニスのスポーツ特性

このスポーツはボクシングの次にメンタルに負担がかかると研究でも発表されています。

・個人スポーツ(1人か2人で戦う)

・精神、身体に外的な影響が大きい

例えば練習とトレーニングを同じ時間でこなしてる2選手がいるとします。

2人共試合に出ていて戦績が同じ事というのはありえませんよね。

心.技.体で考えてみて技.体が同じと仮定した場合

この状況での2人の差は

の影響が大きくなります。

普段どういう風に言葉を使っているか
で結果の差になる可能性が高まります。

プラスの言葉

マイナスの言葉

以前書いたブログでも似た事言っていますが

ダメだと思うとダメになる!? 〜 心の状態を作る事 〜

以前講習でテニスのトップコーチングを学ぶ中で

「脳」「心」

の関連性という部分に強く興味を持ちました。

 

この講習の中でも

言葉の選び方、使い方

がとても重要との事でした。

上手く行っていない選手や勝てていない選手は顔に自信がありません。
当然言葉もネガティヴな言葉になっていきます。

発する言葉がネガティヴだとその波動で


・体は動かない

・疲れやすい

・パフォーマンスが上がらない

という状況になります。

言葉は自分自身を高める事も痛めつける事もできるのです

例にあげると

「あーサーブ上手くいかないな。。」

こう言葉を発する(頭で思う)事で潜在意識に刻みこまれ
感情主体になり現状理解、修正の段階からは外れていきます。

こういう言葉を止め、
現状理解、修正の言葉
に変更する事です。

 

「今のサーブは〜の状態なのでこんな風に変えていこう!」

簡単ではありますが、これを知識として知っていて使えるか?が大きな差になっていきます。

あと当然

イライラする事も良くありません。

ネガティブな言葉を誘発します。

スポーツはただ単純に練習、体力トレーニングの量を増やせば
勝てるようになるというような単純な物ではありませんからね。

言葉を選ぶ事を意識して日常を過ごしてみてください。

よろしくお願い致します。

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-精神力向上シリーズ
-,

Copyright© 東京の テニス プライベートレッスン なら 【 テニス探求塾 】 へ , 2020 All Rights Reserved.