テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスの常識と非常識

ストロークの手打ちを防ぐ 〜 ラケットを振るのか?振られるのか?〜

こんばんは。

杉澤です。

今回は

ストロークの手打ちを防ぐ 〜 ラケットを振るのか?振られるのか?〜

についてです。

皆さんは

ラケット振るのは当たり前だよね?

と思いますか?

もちろん振って飛ばないわけではないです。

ただこの振られる感覚を知っているのは強いです。

このフェデラーのフォアなんかすごいですよね。
ラケットの重さで腕を振っていますね。

ラケットを腕で振るデメリット

打感が悪い
それが普通になってしまう
腕に負担がかかるので、怪我のリスクが上がる。疲れる。
何球かはコントロールは効くが回数が続くと乱れる。

ラケット腕で振るメリットもあります。
手打ちですね。

 

体の使い方を意識しなくても打てる
動きがシンプルになる。

ラケットを持つ腕が振られるメリット

腕への負担は最小限
怪我が少なくなる
打感が良い。
ボールがガットに食い付くので、スピン、スピードが増す。

基本的にはどのショットにも当てはまります。

メリットとデメリットを見比べていかがでしたか?

以下簡単なワークでも感じ取る事は可能です。

ラケットの重さと肩甲骨との連動を感じるドリル

これを一定量やるとつながりを感じる事が出来るようになります。

体を全体を使ったテニス楽しいですよ。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスの常識と非常識
-, ,

Copyright© テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾 , 2020 All Rights Reserved.