テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスショット

フォアハンドストローク 体の横回転で飛ばす3つのポイント

こんにちは!

杉澤です。

今回は

フォアハンドストローク 体の横回転で飛ばす 現代的フォロースルー

についてです。

※正直これは別段特別な事を行っているわけではなく、

「この常識が当たり前になってもらいたい!」

と思って書いております。

それほどまだまだ合理的ではないおかしいやり方が蔓延しているという事です。

下から上へのスイングをしないとダメ?

動画の中でも説明してますが下から上へのスイング
飛ばないガットとラケットの時代の名残でしかありません。

こんな形 ↓

ましてや首の横へのフォローなど全く股関節の回転を無視したスイングでしかありません。
当然しなやかに軽くスイングしてスピンがかかる事はありません。

スタンスを決める事

この動画を見てもわかる通りコーチはほとんどつま先は前向きに揃った状態です。

これは

セミオープンスタンス

と言います。

ジュニアの育成以外では知られない方もおられると思います。

通常の踏み込みはスクエアもしくはクローズスタンスとなります。

これでは股関節を使えません。

股関節を使って上体を回転させる

よく「体を回す」というアドバイスがありますがこれは勘違いしかねません。

上体も下も一緒に回す可能性がありますので。

あくまで下から生まれた動きで上体が回れば腕も自然と振られるという事です。

ここで動画を見てください。
全身連動メソッドから




段階的に取り入れて簡単に飛ばせるフォアハンド身につけましょう!

 

こちらも読んでみてください。

 


フォアハンドストロークのメソッドが動画で学べる教材こちら

フォアハンドストローク(基礎編 17動画、応用編 15動画 )

↓  ↓  ↓  ↓


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスショット
-, ,

Copyright© テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾 , 2020 All Rights Reserved.