テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスショット

フォアハンドストローク 前足のブロッキングで体を回転させる

こんにちは。

杉澤です。

今日は

フォアハンドストロークは回転運動と前足のブロッキング

について書いてみようと思います。

 

先日は早稲田フューチャーズを見てきましたー

IMG_0977

お目当は中川直樹選手
錦織2世と言われている選手です。

可能性があると言われている所をライブで見てみたかったのです。
アメリカでやってる人はユルいです。

ガチガチな定型の練習が少ないです。

これがいいか悪いかはその選手の個性でしょうね。
中川選手は体はまだ細いですがハンドスキル、タッチは群を抜いてましたね。

こんな事もやってました〜
左手打ち!
やっぱりわかってる!

マスコミとかが来ててプレッシャーもあって1回戦負けでした。

次頑張って下さい!

 

今回は

フォアハンドストローク 前足のブロッキングで体を回転させる

についてです。

これは私は15年以上前からレッスンではこう教えています。

「腰を回して」

「体を回転して」

とかいう安易なアドバイスありますよね。

具体性が低すぎて言われた方もその場で再現できないんですよね。

前に踏み込んで体が前に突っ込んだどうしても手打ちになってしまうという事です。

ブロッキングのコツ

後足(軸足)を踏み込んで後付けで前足があるだけでいいです。
あくまで後ろ足(軸足)の回転で体が回る感じですね。

それを意識するとこの写真のように前足がピンと伸びて来ます。

・スタンス狭め

・前足がブロッキング

が重要です。

骨盤を回転させやすくするのは股関節幅程度の方がやりやすいです。

以下の動画を参考にしてみてください。




※ちなみに低くて速いボールには適用しませんのでご注意ください

低いボールは股関節を深く曲げて対応する必要があります。

是非オンコートでやってみて下さい!

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスショット
-, , , ,

Copyright© テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾 , 2020 All Rights Reserved.