こんにちは。

杉澤です。

今日は

尊敬(リスペクト)

について書いてみようと思います。

トップ選手の言葉には含蓄があります。
その辺りを紹介しつつ。

数日前の全仏男子シングルス決勝ここ最近のベストマッチでしたね〜

2015-6-7e585a8e4bb8fe6b1bae58b9d4

ワウリンカのコメントです。

「この2週間は感動の連続だった。今日は人生のベストマッチ。ノヴァーク(ジョコビッチ)と決勝で戦うのは最大のチャレンジだった。ノヴァークもここで勝ってほしい。生涯グランドスラムを達成してほしい。あなたを尊敬している。」

お互いが毎回全力を出し尽くして闘い尊敬し合えるっていい関係ですね。

ジョコビッチも

「少しがっかりしているけど、テニス以上に人生には大切なものがある。」 

この言葉を紡ぎ出すのは簡単ではなかったと推測されます。

あれだけのテニスを準備する時間、労力…。私達には想像も尽きませんね。
特に今回は強い意気込みを持って挑んだのですから落胆も相当でしょうね。

そこでこの言葉とは…。

ワウリンカは言葉を体に刻んでいます。

11390194_10206180000831545_3823937310697557095_n

ノーベル賞作家のサミュエル・ベケット(サミュエル・ベケット – Wikipedia) の文章の引用で、

「Ever tried. Ever failed. No matter.
Try again. Fail again. Fail Better.」

『やることなすこと、何もかもうまく行かなかったとしても、気にすることはない。 またやって、また失敗すればいい。前より上手に失敗すればいい。』

― 劇作家サミュエル・ベケットの言葉(1906-1989)

これを見て何度も苦しい時を切り抜けているのでしょう。
4セット目後半もかなりナーバスになりつつもリラックスして集中していた様子でした。

あのバズーカのようなバックハンド打ち抜いてましたね。

さあ皆さんも動機付けは高まりましたか?

テニスが上達するってすごい事を体験出来るという事です。

頑張りましょう!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira