テニスを短期間で上達したい、本気で変わりたいあなたへ

テニスショット

フォアハンドストローク上達法! 〜  安定して打つ為には? 〜

こんにちは。

杉澤です。

今日は

フォアハンドストローク上達法! 〜  安定して打つ為には? 〜

について書いてみようと思います。

安定して打つにはどんな要素が必要か?

①ラケット面の安定

ラケットをギュッと握っただけでは逆に安定はしません。

背中、
体の反対側
下半身

のブロッキングが必要です。

images

この錦織選手のフォアはワンフットですが左手、左足が良く力が入っています。

脱力し過ぎて面が不安定になる方もいます。

全身連動メソッドから以下の動画を参考にしてみてください。




②テークバックについて

手で(ラケット)でタイミングを取っていませんか?
ストロークは動く物に合わせて打つという動作なので
どこかでタイミングを取らないといけません。

手では必ずタイミングを失います。

フットワークでボールとのタイミングを取る必要性があります。

ラケットは体を使ってセットを完了するのが好ましいですね。

全身連動メソッドから以下の動画を参考にしてみてください。

③足、体幹の連動を使う

足が決まった後は腕を振るより体幹を連動させた方
がよりボールにエネルギー(スピード、スピン)が伝わります。

腕だけでの振りでは怪我の原因になったり、
コントロールがしにくくもなります。

全身連動メソッドから以下の動画を参考にしてみてください。

結論としては

フォアハンドストロークは変化しやすく安定しにくい

という事になります。

上記の点に気をつけてフォアハンドストロークの練習で取り入れてみて下さい!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン

経験、生徒さんの出している圧倒的な実績、喜びの感想を見てご判断ください
↓  ↓  ↓
プライベートレッスン、個人レッスンの紹介ページはこちら

 

ライン@はじめました!

登録して頂いた方には「ワンポイント動画レッスン」無料プレゼント致します!

友達追加はこちらから
↓  ↓  ↓

テニス探求塾のレッスンをわかりやすくするためにメソッド化し
均一の理論の提供に勤めております。

全身連動メソッド

テニス探求塾のチャンネルはこちら

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

-テニスショット
-, , ,

Copyright© テニス上達うまくなりたいならテニス探求塾 , 2020 All Rights Reserved.