こんにちは。

杉澤です。

今日は

テニスとトレーニングを融合させて上達する

についてです。

テニスの上達とトレーニングの関係についてを

最近知り合った見てもらっているトレーナーとの話をしていて気づいた部分も含めて書いて行こうと思います。

 

現状としてはテニスを上達するためにトレーニングという概念は普及してません。

ジュニアと一部の意識の高いトーナメントレベルだけ

という感じです。

 

現場(スクール、通常テニスをしている一般プレーヤー等)がどのような状態か?

以下ポイントをまとめます。

体が動かない状態ではテニスをしても上手くならない

普通に生活を送っていてテニスだけでも週に3回以上やっている方の割合は少ないと思います。

週1のスクール、週末のサークル、友達とのテニスだけという方が多いと思います。

この状態でテニスをしても体の各所が固まっていて動きません。
(特に座っている方多いと思いますし)

あとは怪我のリスクも上がりますね。

腕と体幹を連動させられないのでどうしても腕に力が入ってしまいます。

ある程度の筋刺激を入れないと体の状態を理解できない

よくアドバイスで言うのですが

「もう少し足を右側に」

「胸を張って」

と言うようなアドバイスをされても

??

となっている方がほとんどです。

・身体感覚がなく

・運動神経が養われていない

という証拠です。

もしこのような状態だったとしても自重、チューブで刺激を入れるだけでもかなり体は動くようになります。

 

トレーニング⇄テニスを交互に行き来する事が上達には必須

どうしてもトレーニングといういうと構えてしまいます。

テニスというスポーツの動作様式から考えても一定の筋力(筋量)がないと
どうしてもラケットを腕で扱ってしまう事になります。

ラケットを腕で扱っているようでは安定とは程遠いフォーム、スイングになります。

テニス前のトレーニングを入れる事によりスイング軌道の安定性を得る事が可能になります。

 

筋肉を大きくする事ではなく必要な部分に刺激を入れる

トーナメントプレーヤーレベルでよりパワーをという事であれば
筋肉の大きさは必要ですが一般レベルではまずは自重、チューブ、フットワークならコーンがあれば十分です。

ランジ




チューブを伴ったランジ

こんなのもあります。

より体幹に負荷がかかりますね。

ちなみに私のパーソナルトレーニングの風景はこちら。。

いかがでしたか?

トレーニングの意味とやる理由を理解してテニスの上達につなげましょう!

 

関連記事はこちら

 

近いうちにイベントもやる予定です。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ