こんにちは。

杉澤です。

今日は

バーラミに見る究極のコーディネーション能力   

について書きます。

 

マンスール・バーラミ

1956年4月26日生まれ

イラン・アラーク出身の男子プロテニス選手。当地が生んだ最高のテニス選手で、1989年の全仏オープン男子ダブルス準優勝者になった人である。

一度見て下さい!




テニス芸人って笑えますよね(^_^)

彼しかできない分野ですね。
絶対食いっぱぐれない!

これは超高次元ですが、

この遊び感覚が試合中に創造性を生み出します。

基本ショットの精度+この高いコーディネーション能力があれば無敵です。

フェデラーや錦織は非常にこの能力が非常に高いです。

私も生で練習見ましたが、フェデラーなんか練習で遊びまくってますからね。
まあそれが彼にとっては練習なのですが。

日本人は真面目な国民性なので難しいけど必要な事。

コーディネーション能力とは?

コーディネーションの定義

「どのスポーツをやっても上手にこなせる人」や「運動神経が良いと言われる人」がいます。そういう人が優れているのが、体の使い方やコーディネーション能力、調整力と呼ばれる能力です。体を動かすにあたって、複数の要素(神経や筋肉)を上手にコントロールすることに秀でているのです。こういった能力(コーディネーション能力)は、次に挙げる、7つの能力で成り立っているとされています。

①定位能力
②変換能力
③リズム能力
④反応能力
⑤バランス能力
⑥連結能力
⑦識別能力

 

トレーニングナビ

http://training-navi.com/common/112-cordination.html

このサイトにも詳しく載っています。

私もラケットコーディネーションの動画です。
一通りやってます。

非利き手は難しいですが、
両手バック、バックボレー他のショットにも好影響が出ます。

これが出来るだけでもボールタッチが変わりますよ!

 

コーディネーション能力だんだん深くなっていくと難しいですが、
要は上達に必須なんです。

ここを落としてテニスの専門技術をやっても伸びません。
ジュニアではかなり取り入れているようですが、

あまりやり過ぎると親御さんに理解がないと

「テニスを教えて下さい!」

みたいな事言われますからね~

いやいや、これが一番上手くなるんだって。
大人のスクールではやってないでしょうね(^^;)
大人こそ必要なんですが~。

私のレッスンでは1回は入れてますね。
ボールのタッチ感覚が出て来ます。

先回の記事フェデラーのトレーニングの中にも入ってますね。

是非やってみてください!

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る