こんにちは。

杉澤です。

今回は

ストロークで打点を前!ではない?? 〜 呼び込んで打つ事の重要性 〜

です。

打点を前にして!は曖昧表現

スクールで上達しないで来る方の中で多いのが、

すごく打点が前な方

です。

踏み込んだ前足より30〜50センチくらい前です。

これだと肘が伸びてしまってボールの感触を掴みきれません。

 

私はいつもレッスンで

「打点を前に!を意識し過ぎるとおかしくなるよ〜。」

と話しています。

巷の指導では「打点を前」って連呼してますね。。

打点を前に取り続けるのが難しいのが
少し考えればわかるのですが。

相手が深いボールを売ってくれば
すぐに前(前過ぎの打点)は取れなくなりますので。

 

懐に呼び込んで打つ事

つまり「打点を前」というより

懐に呼び込んで打つ事

が重要です。

の定義が難しいと思いますが

フォアだと左手とラケットを持っている右手の間です。

こんな感じ

ここでもプロ選手のボールの裁き方が参考になります。

フェデラーが一番この感覚が優れてますね。

動画で見てみましょう。

普通に打点が前に見えるラリー

横から見ると呼び込んでいるラリー




下の動画の方が良く呼び込んでいるのがわかると思います。

ボールを後ろ軸(後ろの足)で捉えに行っていますね。
よって体が前に倒れる事がないです。

前足を(ここでは左足)を踏み込んで打つ時以外は

基本的に

ほぼ全部が呼び込んで打つ形

なんです。

 

もちろん踏み込んだ足の前という形もできますが
それはレアケース。

プロはボールを呼び込んで打つ事で

・ボールの食いつきを良くして

・相手の動きを止めて

・コースを読みにくく

させています。

ただ基本として

ボールの後ろに入るのが早いの前提

ですのでお忘れなく!

是非意識してやってみくださいね!

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


フォアハンドストロークのメソッドが動画で学べる教材こちら

フォアハンドストローク(基礎編 17動画、応用編 15動画 )

↓  ↓  ↓  ↓


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ