こんにちは。

杉澤です。

今日は

上手く脱力するには? 〜 いわゆる力が入るとは?〜 〜

について書いてみようと思います。

力の定義について

よく力を入れろ、力が入る、力むな!って言いますよね?

そもそも力ってなんでしょうか?

ちょっと考えてみましょう。

一般的には握りこぶしのイメージがありますね。
この場合は外面の筋肉(アウターマッスル)に力が入ります。

屈筋とは

屈筋が作用しているという事です。

屈筋(くっきん、英語:flexor muscle)とは、伸筋が主に腕や脚などを伸ばす時に使用される筋肉であるのに対し、主に腕や脚などを曲げる時に使用される筋肉の総称。
腕や脚を伸ばす時に使用される伸筋と違い、鍛えると筋繊維が肥大化するとされる。 普通に脚を伸ばして伸筋を使って立つ姿勢を保持する場合と脚を曲げて屈筋を使って立つ場合とで疲労感を比べると明らかなように屈筋の持久力は伸筋より低い。wikipediaより)

上記にも書きましたが、
握りしめる筋肉はラケットの動きを殺します。

ラケットの重さが伝わっていかないという事です。

 

力を入れるなら

先端には力を入れず体幹に力を入れるという事ですね。

先端に力が入るとパワーが流れにくくなります。
この場合の先端とは腕ですね。

体幹をゆっくり動かすと先端が速く動きます。

テニス学会の研究でも明らかにされています。
腕の力を入れないようにして

ファームグリップ

にすればラケットに力が伝わるという事になりますね。

ファーム(firm)とは?

日本語にすると

ぐらつかない,しっかりした

という意味です。

ファームグリップは検索しても出て来ません。
グリップが命のゴルフではよく用いられます。

感覚的には

脱力でもなく力み過ぎでもない

になります。

 

力みが常に残るという事は

もしくは肩より先をブンブン振って打つ手打ちになっているという事

です。

体幹から先端への力を伝える感覚を身につけるには

以下の「スワィショウ」の動きがいいと思います。




フォアハンドであればこれを繰り返すだけでも
向上される方もいます。

レッスンの時は言葉では伝わりにくい部分は
この動きでやってもらい掴んでもらっています。

是非意識して練習してみて下さい。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ