こんにちは。

杉澤です。

先日プライベートレッスンをしていて生徒さんに質問されました。

「構えから動き出す時にはつま先を上げておいて蹴ってスタートするのですか?」

とてもいい質問ですね〜

今までの常識的に考えれば

「かかとを上げてピョンピョン飛びながら待っている」

と言われるでしょう。

それで出来ない事はないですが。。

さてここで質問です。

その動き方で

疲れませんか?
何時間も続きますか?

これでは筋力、体力のある選手レベルであればまだ可能です。

私は提案します。

待っている時はベタ足でいいんです。

それで少しカカとを上げて動かすくらいに留めておきます。
動き出す時は少し身体を傾げて倒れたら軽く足を送るだけ。

こうする事でほとんど蹴り足を使わずに素早い動き出しが出来ます。

マレー選手なんかはジャンプ&蹴り足です。
足が太いですね。というか太すぎです。

images (1)

外側にかなりついています。
頻繁に使っているからでしょう。

もうこの使い方に慣れてしまっていますし異常なレベルの体力ですからね。。

ショットについては文句なしですがもう少し柔らかく動けそうです。
しっかり動いている、堅く動いている感じです。

当然動きのスピードは速いですが身体に負担はかかるでしょうね。

マレーは今シーズンも腰痛で手術しました。
私はこの動きが絡んでいると思います。

あのレベルでの動きは半端じゃない負担ですからね。

2012 全豪ファイナル

ジョコビッチ選手はスプリット時にほとんど身体が上がってません。

体が細く見えますが当然必要な所にはついています。
見ていて綺麗という事は無駄がないという事につながりますね〜〜。

膝の抜きを自動的に使っています。

空中に浮いてそのまま左右にずらすだけ。
膝がとても柔らかく動いています。

スライドステップを頻繁に使える事も関係してますね。

地面との抵抗を上手く調節しています。
この差は大きいんです。

もちろん自分も使っていますがかなり足の負担は変わりました。

是非やってみて下さい。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira