こんにちは。

杉澤です。

今日は

ファビオ フォニー二選手の軸の感覚

について書いていきます。

ウォームアップの動画

軸の感覚が高い身体意識

私は全仏に行った時ライブで至近距離で見ました。

公称178センチですがほぼ170センチです。
日本人とほぼ同じです。

フェデラーもそうですが立っている状態が綺麗です。
ほぼカカトに乗っています。

ダウンロード

やってみればわかりますがこれ難しいです。
だんだん前に体重がかかっていきます。

テニス選手の特性ですね〜

肩甲骨、背中の意識の高さ

ショットの後半で背中が反るような形

になっています。

シャツの中の肩胛骨が浮き出てきます。

これは相当に背中を使って打っている証拠です。
前に傾げて行きません。

以前テレビ解説で解説者の方が

「相当筋力、背筋が強いのでしょうね」

と言ってました。

強さというより

意識と使い方です。

プロ選手はウエイトトレーニングを練習後に当たり前のようにやってます。
このレベルは鍛えられるあらゆる筋肉の筋繊維レベルで限界まで鍛えてます。

 

対してハースは明らかに体を前傾させてつま先に乗って打っています。
ピョンピョン跳ねてますよね。

これで打てないという事ですありません。
疲れる、故障しやすい可能性があります。

背中、太ももの裏、お尻の意識が尋常じゃないぐらい濃い

ポイントの合間の歩き方見て下さい。
完全にカカトに乗り切っています。

またフォニー二の方がルーズに見えますね。
フェデラーも同様です。

錦織選手もそうですね。
ある程度こういう感覚の方がラケットが走りやすくなります。

 

3人共通してヘッドが走ってますね。
脱力しやすくなります。

そもそも前傾姿勢というのは必要なのかという部分になります。

試合の動画




 

見てもらえばわかる通り体が前に行きません。
逆に反っているのでラケットが前方向に飛び出しています。

反作用と言えばいいでしょうか。
肩胛骨の締め上げが効いてますね。

あまり腕を振っている感じはないがボールは速い潰れている。

これが理想形ですね。

軸を意識して動くと足も伸びやすくなる

これが軸の意識が高い人の難点ですね。
低いボールも身体が起きているので上から見る形になってしまいます。

ある程度の前傾は仕方ないです。

適度に取り入れる事が重要です。

よろしくお願い致します。

以下関連記事です。

 

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ