こんにちは。

杉澤です。

火曜日まで一般カテゴリーの大磯オープンのシングルスに出場していました。

写真 (4)

写真 (3)

全豪と違いこちらは0度近い温度でした。

この時期に半ズボンで走り回るオッサンもそういないでしょうね(^^;)

結果は

1R 6-3、6-0

2R 1-6、0-6

でした。

ある程度形になっていた所もありますが、
もっとレベルを上げていかないとならないです。

2R目は70位の第一シードの大和田選手でした。
18歳でこれから中央大学のテニス部に入部するらしいです。

全てが違いましたね。。
オッサンの動きでは対応出来ませんでした。

テンポが速いのもあるのですが、何より体がゆるんでいて使い方が上手い。
ラケットに効率的な力を流し込むには最低限の筋肉でも可能なんですよね。

これは強くなるなと感じた選手でした。

100位代の選手を見ていても筋トレをガチガチやって
体の動きのスムーズさを
失っている選手も見受けられました。

強くなりたい一心で体を鍛えると方向性を見失って体を固めてしまいます。

もちろん自分も西洋的トレーニングは大量に行いました。
しかし同時に体が固まって動きのスムーズさを失っているのを感じました。

当然これでは試合でのパフォーマンスが上がるわけはありません。
結局選手自身がそれに気付いて直すのですが、
センスがないとわかりませんね。

加えて

テニスはスピードのスポーツなので重い筋肉をつけると動きが悪くなります。

想像以上に筋肉は重いです。

体重も増加します。

ナダルもこの1~2年で前側の筋肉が削ぎ落とされて体型が変わってますね。

images (2)

昔から背中の筋肉は半端じゃないです。
猫背に見えるくらいついています。

これは去年全豪で怪我した時ですね。
肩回りがすっとしています。

images (1)

20代前半とは全く違う体です。
この肩出しスタイルの時はこんな感じでした。
肩回りの筋肉が異常に大きいですね。

images

やはり

ただ体を大きくする、筋肉を大きくするではなく

裏面の筋肉と使い方が重要

です。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira