こんにちは。

杉澤です。

今回は

座骨座りについて

です。

この話は特殊な整体をする先生から聞いたやり方です。

チェンジエンドの時などに座って休むわけですが、
ここを姿勢の調整として使います。

写真 (4)

ちょっとわかりにくいですが。

腰骨を反るのではなく座骨に乗っている意識です。
自分も先日の草トーでは立位でも座位でも
これを意識していたら疲れが少なかったです。

一般的には

チェンジエンドの時は…


・ 水分補給
・ 次のゲームへの整理
・ イメージトレーニング

これはこれで重要です。

テニスは姿勢を前傾にしていくスポーツです。
ショットを繰り返す事で肩のポジションが前にずれてしまいます。
体が前傾して座っている選手が多いです。

それを矯正していきます。

やり方

①普通にベンチに座る
② 手の指を座骨の後ろに入れ前滑らせる
③ 座骨を起こして座る事で自然に姿勢が良くなる

写真 (4)

この状態で手の指を座骨の後ろに入れ前滑らせるという事です。

効果としては

呼吸が通りやすくなる(気道の確保で精神の安定)

状況を冷静に見る事が出来るようになる(俯瞰ができるようになる)

軸感が出るので体が安定する。(首の安定)

それ程努力感はいらないので手軽に出来ます。

体が前にのめるという事はプレイにいい影響は出ません。

是非この座り方を練習の合間に取り入れて
自分のテニスを進化させましょう!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ