こんにちは。

杉澤です!

今回は

上達するためには「体の奥の筋肉が動く事」が必要な理由

についてです。

もしかして皆さんは体が固いままプレーしているのではないですか?

そして体を部分的にしか使いきれない事で
怪我をしやすくなったりしてませんか?

体が硬いとどうなるか?

体が硬いとどうなるか?ですが

基本的には

体が硬い人は体幹が固まってしまっています。

そうなると

・股関節、肩甲骨の動きが悪くなり体の枝葉の部分(肩から先、股関節から先)
 ばかりを使う動きになる
 → 筋力が弱いが先端部は使いやすいので沢山使ってしまい怪我しやすくなる

・体幹の股関節、肩甲骨の動きそのものも悪く動かないので冷えてより硬くなる
→動かせないとその周辺は冷えが生じます。

通常30代くらいから体が固まり始め動きの癖が出始めてそれで怪我を引き起こします。

ちなみに体が硬くなり出すのは小学生高学年でで始めてますね。
スマホ、ゲームの影響でしょう。

関節、筋肉、靭帯の硬さを取る事

「体が硬い」というのは筋肉のみだと思っている方も多いと思います。
関節周りの靱帯が硬いという場合もあります。

そこも動きの制限になってしまいます。
そうなると各部位をほぐす事が必要になってきます。

ストレッチ、温泉、マッサージの効果について

基本的に上記は筋肉に対して一定の効果はあります。

ただ筋肉の使い方を変わる訳ではありません。

ストレッチ
→やり方によっては効果は出るが筋肉の太さ、厚みがあると
 表面しか伸びにくい。
また硬さがひどくなると無理に伸ばして痛める可能性あり

温泉
→精神のリラックス効果の方が大きい。
 ほぐれても外側の筋肉
 
マッサージ
→ベテランの体を知っている方で上手であれば一定の効果はある
 継続的にお金がかかる

どれも基本的には外側の筋肉が少しほぐれるだけといった所です。
(これは筋肉の質、量が上がれば上がるほどなります。)
また金銭的な負担もあります。

残念ですがこれでは数日練習、トレーニングすれば硬さは戻ってきてしまいます。

そこで

「インナーマッスル」

「バランス良く動かす事」

が重要になります。

奥の筋肉(インナーマッスル)が動くようになるとどうなるか?

・体の中心から動かせるようになり動作に力みが出にくくなります。
 → 全てのショットの質が高まります
   (テニスのレベルが高いほど効果が出ます)

・筋肉の使用バランスが良くなるので怪我がしにくくなります。
→ 疲れた所に使うと血流が上がりほぐれます。

・フットワークが変わります。
→筋肉の使用バランスが体全体に分散するので柔らかくしなやかに動く事が可能です。
 疲れも分散します。

こんな良い事しかないですがまだまだ世の中知られてません。。

テニス探求塾では以下のツール+動画教材をお勧めしております。

インナーマッスルチューニングメソッド

バナークリックでサイトに飛びます。

効果を確かめてみたい方へ

ディポジット形式(お預かり金)で貸し出しする事が可能になりました。
もし効果を感じられない場合は返却可能です。

ご興味ある方ご連絡お待ちしております!

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ