こんにちは。

杉澤です。

今日は

フォアハンドストローク 肩の傾きは厳禁です!

について書いてみようと思います。

 

肩を入れ過ぎても良くない

松岡修造氏のフォアハンドストロークは左肩が前に傾きますね。

左肩が下がっているのが見て取れますね。

時代の移り変わりを感じますね。

フォアハンドストロークで肩を入れるも力めば✖️

よく言われる

「しっかり肩を入れる」

という作業を意識するとこういう感じになります。

 

その後の体の回転を阻害する動きになってます。

体が傾げた状態ではからだは綺麗に回りません。
肩は地面に平行の状態でないとなりません。

つまり

体が力むという事

になります。

あとはフォロースルーが上に(肩と首の間)くるのでヘッドスピードが上がっていません。




錦織選手は両肩ともまっすぐ

ですね。

私もレッスン時にこの点特に注意してもらっています。
こういう部分も心と体の関係性がありますね。

フォアハンドストロークの肩の傾き改善してみて下さい!

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ

 

関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る