こんにちは。

杉澤です。

今回は

バックハンドストロークといった特定のショットではなくバック系の動きの難しさ
について書いていこうと思います。

やはり最初の段階(テニス歴3年くらいまで)はバックが難しいです。
以前のブログ壁打ち練習 左手で打つ事によるバランス
片手バックハンドの特性でも触れました。
もしご興味あれば読んで下さい。

さて今回はバック系ショット特有の体の特性という事ですが、

結局は利き手、利き足が先んじて動くという事です。

厳密に言うと動いてしまうですね。

右利きと想定して考えます。

右側には右足右手が反応します。
ここは問題ないのですが問題は左手側です。

どうしても右側から反応してしまいませんか?

これが致命傷になります。

ナンバが機能しないといけないのです。
同じ側が出るという事ですね。

以下私の説明動画です。

甲野善紀さんの動画です。この中にそのエキスがあります。
左手、左足を出す練習、感覚がまず必要なんですね。

西洋のフィジカルトレーニングにも「ボールペッパー」があります。「ボールキャッチ」の方が馴染みますかね。

対面から出されたボールを様々な形にワンバウンドで取るトレーニングです。
目と手と足の協調性を高まる為よく試合前にやっています。

私の動画では

左右の足の反応を高める

プロはこれをやり込んでいるのでオープンだろうがクローズだろうが体が反応して出来ると言う事です。
つまりこれをやり込む事で左側のボールに対して右で入りにくくなるという事です。

これがオープンスタンスでのボールの処理になります。

この辺りを意識して練習してみて下さい。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira