こんにちは。

杉澤です。

今回は

グリップに力のいれるタイミングは?

についてです。

このぐらいリラックス出来ればいいですよね〜

ラケットの重みで振られている感覚がわかると思います。

私のレッスンでは力がボールに伝達してるかを重視しています。
もちろんフォームを作るという事も行いますが、
ボールを1回強く打つ事が出来ても
それを連続して出来なければ力んでミスという事になりませんか?

そのくらい力加減は重要なのです。

力を入れるとは筋肉に意図的に力を入れるのではなく

反射

という話を前回しました。

突然ボールが前から飛んで来て反射的に取る
というシチュエーションがありますね。

テニスのインパクトでも同じ現象が起きるという事ですね。

ある程度テニスをやると手からラケットが落ちるという事はありませんよね?
あの感覚なんです。

(もちろん男性のように筋力があればしっかり面を作る事が出来るので
ボールを潰したりも可能です。)

ただ

あまりにいつも力み過ぎている方
テニスをすると肘の内側、外側が痛む方

このタイプは大概

握りが強すぎます。

そういう方に聞くと

「グリップはしっかり握らないといけない」

と思っているからです。

結構

「ラケット面を作る時はしっかり握って」

と指導されている方が多いです。

これは常識の非常識ですね。

グリップは最初の段階は握らないと考えた方がいいです。

ラケットの重さのみで振ってみて下さい。
指は引っ掛ける程度です。

苦手なショットは特に力が入ってしまいます。
意外と新しい世界が開ける事があります。

是非やってみて下さい。

よろしくお願い致します。

今日も読んで頂きありがとうございました。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira