こんにちは。

杉澤です。

今日は

片手バックハンドの特性知ってますか?

についてです。

片手バックハンドのショット難しいですね。

今回のテーマはストローク、ボレーに関わらず、
片手バックのショットと考えて下さい。

特性を理解しておくと上達が早いです。

まずは動画の紹介です。

トミーハース選手の練習です。
当然速く振ってますが時折合せるだけのショットがありますね。
そこは

ハーフスイング

を使っています。

このレベルでも時間がなければ面を合せて返しています。そこが基本なんです。

片手バックのポイントを説明します。

1.肩より前で打つショットである。

打点の範囲が限られているという事です。

ストロークの場合特に深いボールを下がって取る時
メカニズムを理解してやらないと上手くなりません。

2.手を甲側に動かすので、動きとして慣れにくい。

甲側は神経系の通りが悪いです。
卓球、バドミントン、軟式テニスをやられていた方は早く習熟します。

3.筋力が足りない事が多い。

腕の外側(裏側)の筋肉は薄いケースが多いです。
普通の方が鍛える事はないと思います。
よって動かしにくく習熟しにくいという事になります。

images (2)

このフェデラーのボールに入る形を見て下さい。

肩~腕にかけて全くぶれる要素がないです。
ここまで何百万スイングしてきています。

フェデラーは幼少期にスカッシュをやっていたそうで
それもこの感覚の高いバックを生み出しているのでしょう。

さて話しは戻って
簡単に慣れる為のトレーニング方法です。
ハーフスイングでの壁打ちもしくはミニラリーです。

【ポジション】
1人で練習する方は壁打ちが1番いいです。

2人でラリー出来る方はサービスラインでのミニラリーでやられる
といいと思います。

【スイング】
右利きで考えます。

左腰ぐらいにラケットをセットしハーフスイングで打ちます。

ほぼノーテークバックからインパクト〜フォローは50センチ程度で抑えます。

【回数】
100回以上は最低やりたいです。

上手くいけば10分程度でクリア出来ます。
30日で3000回です。16000回から30000回で体に動きが入ります。
これでは少ないのでもう少しペース上げたいですね。
1日500スイングを30日で15,000回で2ヶ月で達成です。

コートが取れない方は1キロのダンベルか500ミリペットボトルに砂を入れてでもいいと思います。
大事な事は最低限の筋力を作りインパクトを安定させ、神経系を身体に作る事ですから。

是非やってみて下さい。

よろしくお願い致します。

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ