こんにちは!

杉澤です。

今回は

両手バックハンドのコツ グリップの脱力とミニラリー

についてです。

はじめに

この記事でのアドバイスは人間の体の仕組みから引き出したアドバイスです。

つまり体の機能(バイオメカニクス)→フォーム作りという流れです。

そこに脱力系のエキスをミックスしております。

よくある考え方とコートで起きている事

他のショットでもそうですが

力を入れないと飛ばないと思っている方が多いです。

もしくは

飛ばそうとして力が入る

この二つがボールが飛ばない要因です。

 

さてここでは両手打ちバックハンドストロークという事で

当たり前ですがグリップに両手がくっついた状態でラケットを振るという事になります。

これがまず力む原因です。

※特に男性の腕力がある方は要注意です!!

まだ

「インパクトでぎゅっと」

みたいなこと言っている指導者もいますが。
そんな事しなくても十分に飛ばす事は可能です。

両手も結局は片手(非利き手)で操作をする

※利き手主導のやり方で習っていてそれを信じてやりたい方は他に当たってください。

ここでプロの話をします。

非利き手のみでバックを打てない選手は100パーセントいないです。
(プロのレベルで打てないとしたらプロではないでしょう笑)

そのくらい非利き手の神経は洗練され鍛え上がられてます。

まずは壁打ちやミニラリーなどで非利き手の練習をして
その後に両手で打ってみるだけでも全く違う感覚になりますよ。
(対面のレッスンで実証済みです)

 

ここでグリップの脱力とミニラリーの動画です。

グリップの脱力とミニラリー




動画の説明まとめ

①左手だけで打ってラケットを動かせるようにする

②右手をくっつけて硬くなるようなら浮かして使う

③股関節を使うだけで飛ばせるようにする

この動画通り行う事でフォーム的に見ると

動作がスムーズで

ボールをよく飛ばせて

スピンもよくかかる

スイングが身につきます。

是非オンコートで試してみてください。

 

こちらも違う切り口で飛ばす方法を説明しております。

ご興味あればご覧になってみてください。

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極のプライベート、個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス


ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ