こんにちは。

杉澤です!

今回は

フォアハンドストローク上達法 〜テークバックのやり方〜

についてです。

フォアハンドストロークが永遠の悩みという方もおられますね。

また様々な情報を入れてしまっておかしくなっている方も。。

改めてチェックポイントを確認しようと思います。

 

現代的フォアハンドストロークの大枠の考え方

・ラケット、ガットが進化して出来る範囲が増えた事
(つまり新しいラケット、ガットを使ってメリットを得る)

・体の大きな関節(筋肉ではなく)を使ってメカニズムで飛ばす

・グリップはイースタンより厚ければOK

・踏み込みを基本には考えない

この時点で方向性がすでに違っている方もいるでしょうね。

以前のブログでも書いてますが

テークバックがとても重要

です。

フォームは同じ人間ではないので各個人で違っても良いのですが

誰でも共通するメカニズムを理解していきましょう!

・動作の再現性(反復しても崩れない)

・怪我に繋がりにくい無理のない動き

・安定してボールに回転がかかる

これを元に考えるとある程度の要素、フォームに絞られてきます。

合理的なテークバックの考え方


(8分39秒)眩しくてサングラスかけております。




ポイント

・半身からのスタートは脱力しやすく
 大きく引きすぎる事を避ける事が出来る

・テークバックの形には合理性が必要
 (打球に対応できない形がある)

・ラケットの重みを使ってセットする

参考にしてみてください!

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


フォアハンドストロークのメソッドが動画で学べる教材こちら

フォアハンドストローク(基礎編 17動画、応用編 15動画 )

↓  ↓  ↓  ↓

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ