こんにちは。

杉澤です。

今日はフォロースルーについてです。

スクールでフォアハンドはイースタンで教える事が多く、

フォロースルーを上に持って行く
前提です。

イースタングリップはで話したように手首がグリップの後ろに入らないので負けやすいです。

このラケットが飛ぶ時代にやる必要はありません。
ジュニアのスクールとかは厚めで教えてますが、一般スクールはまちまちです。

そしてフォロースルー私は以下のように教えています。
左手で流れてきたラケットをキャッチしましょう。

左上に持って行く事はラケットヘッドの加速を殺してしまいます。
自然なワイパースイングになります。

以下デモ動画です。

左手でキャッチする事でスムーズさを失わずにスイングしていると思います。

もちろんもっとヘッドの加速が出てくれば
左手はブロッキングの役割をしていきラケットは左下に自然に流れて行きます。

是非やってみて下さい。

よろしくお願い致します。

今日も読んで頂きありがとうございました。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira