こんにちは!

 杉澤です。

 今回は

 フォアハンドストローク 左手(非利き手)の引き出しを使う
 

 についてです。

 

フォアハンドストロークは下から上へスイングしよう?

 未だに

 「下から上へスイングしましょう」

 って言ってる指導者の方見かけますね。

 
 若くても上からの指導で笑 そうレッスンしている方もおられます。

 まあいろいろしがらみありますから仕方ないとは思いますが。。

 生徒さんが犠牲者ですね。

 

フォロースルーは体の回転を伴い体の横でフィニッシュ

 

 これが体の回転に沿った自然なスイングだからです。
 
 そして現代のラケットとガットの組み合わせであれば
 
 ・ラケットヘッドがそれほど下がらなくても
 ・面を伏せても
 ・横振りでも

 スピンはかかるからです。
 
 この感覚がわかっていればこちらを使うはずなんですけどね。。

 

フォアハンドストローク 左手の引き出しを使ったミニラリー

 

 
 これは左手の引き出しですがフィニッシュは左手で取っているのが
 わかると思います。

 これが体の回転を使ったスイングの基礎のフィニッシュです。

 ヘッドスピードが出てくれば左手で取らなくてもよくなります。

フェデラーも左手で取ってます。
 

 
 よくこのやり方を教えられてない方がレッスンに来ますが

 「面が上に向きやすいのでボールがアウトしやすい」

 「スイングスピードが上がらない」

 「ボールのコントロールがつかない」

 

 と言われる方が多いです。

 
 現代のラケット、ガットは反発力が高いのですから当然押し出す作業は必要ありません。
 (プロで最高の質を求める場合は別です)

 目の前のコーチを盲目的に信じるのではなく

 
 「何を教えてもらっているのか?」

 
 を整理してみてください。

   
 よく見直してみて下さいね。

こちらもご参考にしてください。

 

 


探求塾のメソッドが動画で学べる教材こちら

フォアハンドストローク(基礎編、応用編)

↓  ↓  ↓  ↓


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ