こんにちは。

杉澤です。

今日のテーマは

「フォアハンドの半身について」

腕はハンドルでエンジンは体です。

ラケットの動かし方ばかりを教わっても上手くはなりません。
私は体をどう動かすのか?が勝負と考えています。

フットワークのみ、体幹のみ、ラケットのみでは
全てを統合していいボールが打てないのです。

そして体の細部に渡り動かし方を掴むとその場でテニスは変わります。
あとはそれに沿って練習するだけ。

「全身連動メソッド」

と名付けようと考えています。

本質が見えている一部のコーチは行っていますが
そうでない場合は片手落ちの内容が多いです。

よって受講される生徒さんの結果にも差がで出ます。

全身を連動させるメリットは

・怪我が少ない(発揮する力を分散出来るので)
・ショットの再現性が高い
・ショットのエネルギーが増す

少しづつショットについて紹介して行きますね。

今日はフォアハンドの半身についてです。
以下は作成したdvdから引用しています。

これもやってみれば簡単ですが奥が深いんですよね。

よくスクールでは

「正面から足を横(フォアの場合は右方向)に開いて下さい。」

と言われるそうですが

このやり方だと次に出る左足が右足にかぶってしまいクローズ気味に
走る事になります。

これではボールの深い浅いに対応しにくいのです。

もちろん私も知っていましたがプロを見ているとそのような動きにはなっていない。
彼らはラケットを引くという概念はないですね。

そして武道的に見ても抜きで形を作ったほうが力みが少ないと考えました。

よって

半身

がいいという事になります。

セミオープンスタンスという概念もありますが、
あくまでそれはフットワークです。

上体を正面から動く時点で捻ってしまうのも
力みとオーバーテイクバックに
なるのでダメ

という事になります。

体全体を力まずにボールに対応する為には体ごとボール方向に向けた方が安定します。

まずはフォアハンドをやる時に取り入れてみて下さい。

よろしくお願い致します。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira