こんにちは。

杉澤です。

今日は

サーブの球種の打ち分けは必要か?〜 スピン系サーブを基本にする 〜

について書いてみようと思います。

 

回転をかけるのがベースのサーブ

私は昔ながらの

フラット、スライス、スピンの打ち分けでは限界がある

と考えています。

私もこの3種類を打ち分けられるように習いました。
そして教える方も同じ感じですね。

以前テニスの学会に参加した時に亜細亜大学の堀内監督が

「全てのサーブはスピンサーブから始まる」

と題して講義したのですが
これも後から話を聞いたら多方面からかなり批判があったそうです。

革新的な事をやると必ず批判が来るものです。
日本ですからね。。

 

実際にかなり肘先、手首の回内、肘の内旋動作を使うので
肘を痛めたという抗議が受講者からあったそうです。

まあ力んでやればどんな動きも痛める動きになります。

 

私は以下の動画内容を推奨しています。

薄いグリップで回転をかける事に慣れる

全身連動メソッドの動画から




かなりインパクト前後のみの動きで打つ感覚です。
ただここを地味にこなせば回転をかけて入れる事は出来ます。

10歳以下のジュニアであれば完全なコンチネンタルグリップにはしないで
やや厚めでも構いません。

テニスは回転をかけるスポーツで無回転のショットを教えるというのは

コートに入らない打ち方を教えているのと一緒

です。

全身連動メソッドの動画

「肘から先の動きを使ったボール突き」

肘と肘から先のがボールに当たる感覚を身につけて
ボールを掴む感覚を捉えられるようになれば

安定的に回転をかける事が出来てその上厚く当てる感覚も掴む事が出来ます。

ポイントはです。

是非練習時にやってみて下さい!

 


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ