こんにちは。

杉澤です。

今日は

サーブ スタンスの特徴と使い分け方

について書いてみようと思います。

さて皆さんはサーブのスタンスを意識していますか?

生徒さんに聞くと

「あまり意識してないな〜」

みたいな方が多いですね。

テニスは下半身からそして地面との接地の仕方により上の動きが全く変わります。
そして地面への力の加え方もですね。

さて選手を参考にしてスタンスの説明をしますね。

錦織選手のスタンス

この方が左手の壁感覚が少ないですね。
つまり右足が左足に近いですね。

ダウンロード

この写真の方が左の壁感覚が高く右足がクローズドスタンス気味ですね。

images

チリッチ選手

ダウンロード

彼はフェデラー、ジョコビッチ共同じ

プラットフォームスタイル

です。

これはこの写真にも見受けられるように

パワーの源である右足の位置がずれないので力がラケットスイングに伝わりやすいです。

要は簡単なんです。
ただ回転がかかり過ぎる場合もあります。
おかしくなったらこれに戻すのは得策ですよ!

ご自分に合うスタンスを選択してみて下さいね。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira