こんにちは。

杉澤です。

今日は

コンチネンタルグリップでも打ちましょう!

について書いてみようと思います。

コンチネンタルグリップと書きましたが
定義としては薄いグリップ全般という意味です。

コンチネンタルといえばマッケンローですね。
彼は全てのショットをほぼ同じグリップでプレイしていますね。

錦織選手もそうですがトップの選手は
緊急時には薄いグリップをチェンジして使ってますね。

この中でもいくつかやってますね。

・センターのサーブに対する飛び付いた時のフォアスライス
・右外に走らされた時のフォアチョップショット
・センターのサーブに対する飛び付いた時のバックスライス

まだまだやってますがこれ標準装備なんですよね。
やはり相手のレベルが上がってくると対応出来ないボールが来ます。

この練習も良いですね。
ダブルスメインの方は特にいいでしょう。

これに対して厚いグリップでは限界がありますからね。

是非練習してテニスの幅を広げて下さい!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira