こんにちは。

杉澤です。

今日は

古武術はテニスに生きるのか?

について書いてみようと思います。

ダウンロード

アマゾンのリンクです。
http://urx2.nu/ePM

古武術家_甲野善紀_カラダ革命
ご興味ある方は結構長いですのが時間がある時に見て下さい。

テニス学会にも甲野先生に来てもらいましたが皆『??』な感じでしたね。
私は納得してましたが。

日本のトップ選手も1人来てました。
(グランドスラムまで出た方です。)

甲野さんがリターン時のスプリットステップを

「膝抜きでやってみてください」

という事でそのプロはやってみて

「自分は20年以上このやり方(とても高いジャンプ)をやってきたので無理です。」

とその場で却下してましたね。

まあ頑固というか。
プロですから別にいいんですけどね。

その後も足の怪我とかよくしてたみたいです。
まあ選択なので良いのですが。

楽ですけどね。

全身連動メソッドより

私も古武術の要素を取り入れ始めて10年近く経ちますね。
本当にまだ何人かしかその要素を入れたレッスンをやってないですね。

先に結論を言うと私的には

体を効率良く使えて
怪我をせずに
楽しくテニスが出来る

事が大事で別にメソッドに拘っているわけではありません。

セミプロ、超上級者にはそういう人もいますからね。

でもそれは3%もいないでしょうね。
皆試行錯誤しながら上達していますからね。
もちろん自分もそうです。

そこに早く到達出来る道を作りたいのでいろいろな要素を取り入れています。

古武術の要素はテニスに沢山生きる所があります。
もちろん基本技術がないとただ動きだけで来ても無理ですよ。

基礎練習もきっちりやってから使ってみてください!


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノotira