こんにちは。

杉澤です。

さて今回は最も大事とも言える

観察力を高める方法

について書いてみようと思います。

これはテニスの上達にとても大事です。

その前に観察力に関連してボブブレットさんの事について書きたいと思います。

彼はもう10年以上修造キャンプのメインコーチとして日本テニスの強化に取り組んで来ました。

images

小学生の時の錦織選手も参加していました。

ダウンロード3

私も久我山で開催されている時からずっと観にいっていました。

下手すると5時間~6時間立ちっぱなしで観てました。

そのくらいレッスンには情熱がほとばしってましたね。

彼の理論にも賛否両論ありますがここでは論じません。

テニスコーチは各々自論があり皆自分が正しいと思っていますからね。

彼の見る力がすごいです。

松岡修造もそうでした。

3面でやっていてレッスンをやっているのに端のコートの角でやっているトレーニングに指導というか文句を付けていました。

「やる気がないならやめろ!」

コーチはそこまで視野が広く観れないとダメなんですよね。

観るが全てですからね。

選手とコーチの必要な要素は違います。

ただテニスを知るにはある程度のプレーが出来ないとわからない所がある
でもプレイ出来ても勉強しコーチング経験を積まないと動きを観る事は出来ない。

さて本題の観察力です。

もちろんショットが上手く打てる事は大事です。

見ていてうまくなるわけではないですからね。

試合に行くとよくわかります。

選手は特に年齢が上がれば上がる程よく観察しています。

食いいるように相手を見てますね。

見ないふりしてよく見てます。

なぜか?

そこに勝つ為の情報があるからです。彼らは一体どこを見てるのでしょうか?

身長
低いと足が速い、高いとリーチがありサービスがいい

ショット
各ショットのスピード、スピン、
状況によるショットセレクション

性格
気合いを出すタイプか冷静なタイプ

フィジカル
動きが速いかキレがあるか?
短いボールに強いか弱いか

先回のブログに書いた

フォア、バックのグリップチェンジはスムーズか?

各ショットの力み具合はどうか?力む所に重点的に集める

顔や立っている時の雰囲気で攻めたいのか守りたいのか?

呼吸の使い方は出来ているのか?

このような細部まで観察します。

それを勝利へと結びつけて行きます。

まずは上手な方のテニスを生で見る事

これがとても時間はかかりますが重要な作業です。

試合会場に行くと皆さん人の試合よく見てますからね。

是非練習に観察力取り入れてみて下さい。


今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ