こんにちは!

杉澤です。

10月27日 柴崎5時間オータムキャンプ開催します!

レッスン5時間で各ショットを徹底的にレベルアップ!

ストロークレッスン概要

フォアは様々な形がある上コーチも様々な指導法があり
それがフィットする場合としない場合があります。

それは「動きの本質」を抑えているかどうか?が重要です。

骨格、筋肉、そして人間の体を理解した上で必要な動きは一つです。

20年以上の結果を求めた指導法を極める事で短期間で成果を出しております。

バイオメカニクスそして東洋的操体法を組み合わせたメソッドを提供させて頂きます。

「目から鱗」

「こんな指導された事なかった」

絶賛の声を頂いております。

【フォアハンドストローク基本の考え方】

・テークバックは引かない!?
→ボディターンより体ごと動かせば
 肩甲骨を少し開くだけで必要なセット完了

・腕は振らない?連鎖で振られるだけ
→下からの連鎖ができるようになれば腕は振られるだけで
 振っていてはいつまでもしなりのあるフォアは打てない

・インパクトの形が作れれば握りはいらない
→ラケットは支える、引っ掛けるで充分 
 全身を脱力したいグリップと手の平を緩めるだけ

・ボールは押さなくていい
→ラケットとガットの性能が高いので
 フォアは進化しています。
 押すというのはスイングができて
 回転がかけれるようになったらする事

・胸郭を開けば自然と腕は振れてくる
→猫背では手打ちフォアしか打てない
 呼吸を深くして胸郭を使えば肘の内側から腕が振られてくる

・踏み込んで打つという言葉がダメ
→必要だから前足を置いているだけ
 突っ込みが大きく体のバランスを崩す

・沢山足を動かしてでなく大股を取り入れる
→大股と小股の融合が重要であって
 沢山足を動かせばいいのではない

またチューブ等道具を使った
意識付けのトレーニングで体を変えていきます。

股関節の使い方と意識
グリップの固定と解放
左手とボディローテーション
軸足の重要性とワンフットでのショット

また

高い打点
低い打点
短いボール
チャンスボール
深いボール
外に遠いボール
回り込み

への対応をドリルで練習します。
一つ一つフットワークメソッドをお伝えします。

片手バックハンドスピンストローク

グリップはイースタンより厚めで考えております。

・膝を深く曲げて
・下から上に振り上げて
・肩をしっかり入れて
・肘をまっすぐにして壁を作るように

残念ですが上記の事を信じていて実行しても
上手く打てるようになりません。

現代はラケット、ガットが進化してます。

レッスンでは現代的な

「横振りバックハンドスピン」

をコーチングします。

基本的な体幹の使い方
チューブ、ボールを使った意識付けのトレーニング
横振りスイング
最低限の股関節の使い方

またドリルとして

短いボール
速いボール
深いボール
ライジング打ち

この辺りを中心にコーチングしていきます。

両手バックハンドストローク

両手バックも新しい形が出てきていますが
一番簡単で飛ばしやすく回転もかけやすい
打ち方をやります。

「肩を入れて」
「しっかり足を踏み込んで」
「右手主導で」
「肘を伸ばして」
「フォロースルーを長く」

これやってみてください。

全て上手く機能しませんので。

両手打ちは体を回せれば上手く打てます。

軽いトレーニングを挟む事でより
簡単に打てるようになります。

両手はコツさえつかめば簡単なショットですが

フォアハンドとの連携からのグリップチェンジ、
半身からの動き出し、
軸足の設定、
脱力

が上手くできないと全くボールが飛ばなくなります。。

むやみに両手で力任せに打っても安定はしません。

以下両手、片手共有事項として

遠いボール
高いボール
弾むボール
短いボール

への対応が必要です。

場面に対応したフットワークメソッドをお伝えします。

バックハンドスライス

スライス系のショットを上手く打ててますか?
・ キレがない
・ 上手く距離感が出ない
・ 一定の方向しか飛ばない
・ ボールを飛ばそうとして力んでしまう

そしてよくある勘違いとして

・ 手先でショットしている
・ 腕にすごく力を入れている、腕で飛ばすと思っている。
・ ただ踏み込む事が正しいと思っている。
・ 打点が前になりすぎている、前が正しいと思っている

このレッスンを受ける事で得られる効果

【左手(非利き手)の使い方】

皆さん利き手で打球方向に振ると思っていませんか?
それでは体が開いてラケットにボールが乗る感覚が出ません。
左手の固定の仕方、使う筋肉タイミング等練習していきます。

【タッチを出すドリルを多く行います】

ボールといろいろ遊びながら触っていく事でタッチ感覚を高めていきます。
タッチがないと「形」「フォーム」ができた時しか打てません。
苦しい時、動きた時に安定した面作りが必要です。

【肩胛骨、背中を使う】

皆さん前面の意識が強すぎです。体のかぶりを生み視野が狭くなります。
背面を使えるようになる事で体が起きてスイングがしやすくなります。

【肘の回外、回内】

ラケットを立てる?なんてアドバイスもありますがあれは肩の強い方しか力出せません。
肩でスイングではなく肘を適正に使います。

【本物の実践で使えるフットワーク】

ただ踏み込めばいいと思っている方が多いです。
バックは左足をボールの後ろにセットする事で力が伝わるようになります。
その後に前足を置くのか置かないのかを決めます。
深いボール時のフットワークやります。

【ロブもドロップも】

タッチが身につけばスイングの長さを変化させるだけです。

ボレー、ネットプレイ

ボレーも同じように見えて微妙に変わっている部分と
大きくやり方が変化している部分があります。

そこを理解していればそれほど難しくないです。

「横向いてから」
「踏み込みで飛ばす」

とか効果がないことを謳っているコーチに習っても上手くなりません。

ボレーをバイオメカニクス通りに

「作用」「反作用」
「ローディング」
「体の重さ」

を使えば簡単にボールは飛びます。

あとは上記のタッチを徹底的に鍛える事です・

トレーニング、体作り

トレーニングと聞くと拒絶反応が出るかもしれません。

ここで行うのは

・各ショットに応じた筋肉の意識を高める
・テニス特有の動きの理解と意識付け
・足を自在に動かせるようにする
・体幹からの連動を出して脱力してスイングをできるように

こんな感じです。

日程: 
 
10月27日(日曜日)  

締め切り:
10月24日まで

 
開催時間: 

11時〜16時
         
場所:

柴崎駅テニスコート(ハード)
http://www.maingreen.jp/tennis.html

定員:6人

→ あと2名です。

料金:

(お一人様) 

・ビジター様        
 14,000円

・現在他のプログラム受講者    
 13,000円

各種特典、割引

メソッド購入者割引

すでに全身連動メソッド動画を一つでもご購入の方は 1,000円割引 となります。

*レッスン代金は銀行振り込みとなります。
入金後エントリー完了となります。

【参加特典】

①ビデオ撮影+メールアドバイス プレゼント

レッスン時のショットを撮影し、それに対してメールアドバイス致します。

お申し込み、お問い合わせはこちらから↓

 

2019年10月より超少人数制テニススクールスタートします produce by テニス探求塾

※バナークリックでリンク先に飛びます

お申し込みお待ちしております!

 

今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!


20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?

a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414

コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。



杉澤慎介@テニス探求塾
お名前(姓)
メールアドレス(必須)
Powered by メール配信システム オレンジメール

ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ