こんにちは。

小渕です!

寒い日が続きますね。

皆さん、体調管理等お気をつけください!


今回は

他の競技からヒントを得よう①~踏み込み、体重移動の誤解~

について書いてみたいと思います!




2つの写真を見比べてみてください。

とても似ていませんか?

今回は野球から上達のヒントを探ってみましょう!

Youtubeで見つけた動画をご紹介します!




古田 敦也さん(元ヤクルト)

野村ID野球の申し子と呼ばれヤクルトの日本一に貢献した。

捕手として守りの要を担いながら、8回の打率3割達成

首位打者獲得、2000本安打達成等、バッティングにも長けた名選手。

理論派で解説者、テレビ出演など活躍している。

体重移動は必要か

まず始めに、テニスにおいても体重移動は

スイングを加速させる手段として有効です。
(ケースにもよるがオープンスタンス、バックフットでは使わない)

体重移動の誤ったイメージ

動画内でも説明がありますが 状態が突っ込む は良くありません。

状態が突っ込む原因として・・・

前足を置いたときに体重を過剰に前足に乗せてしまう

体重が爪先側や足の外側に乗ってしまう 等が考えられます。

改善策としては

前足を置いたときに体重を後足(軸足)に残す。
・動画内では 後6:前4

体重移動をスタンス内に収める意識を持つ。
・体重を後股関節から前股関節にぶつけるイメージ、
・足の内側に体重を乗せる、内エッジを立てるイメージ)

前足の役割

前足(踏み込み足)は つっかえ棒 の役割をしています。

身体の回転を抑えることにより、ラケットやバットを持った腕が

前方に放り出される形になる。

そのため、動画内の 前足に体重が移った瞬間押し返す という動作を

テニスではライン際の深いボールを球する際に使う場合があります。

足の置場を探る

動画の中に出てくる『探る』という表現はテニスにおける

『スタンスを決める』にあたります。

ボールが短い場合➡スクエアスタンス

ボールが深い場合➡オープンスタンスやバックフットでの打球

さらにボールが深い or 近づき過ぎた場合➡ハイターン(打ちながら左足を後ろへ移動)


これらの状況に合わせたフットワークは

前足に過剰に体重が乗ってしまっていると行うことが出来ません。

フィニッシュの姿勢

打ちたいボールの弾道や球種、グリップによって

フィニッシュの姿勢を変えるのも有効です!

一般的なバッターの姿勢



フラットドライブ系の低い弾道のボール
薄いグリップ(イースタン~セミウエスタン)

ホームランバッターのような姿勢


スピン系の高い弾道のボール
厚いグリップ(ウエスタン以上)


いかがでしたか?

一流の選手が理論的に解説してくれることは興味深いですね。

もちろん野球とテニスでは『止まって打つ』『動いて打つ』という

決定的な違いがあります。

しかし、良い動作には競技を越えて共通点があります。

ぜひ、参考にしてみてください!




今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!


テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414
メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス


ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ