こんにちは。

杉澤です。

今回は

意外と知らないグリップの力加減について

です。

固すぎず緩みすぎずリラックスして


「固すぎず緩みすぎずリラックスして」

と言っているコーチの方いますが、
これってそんな簡単でしょうか??


逆に脱力がいいという方もいますが、

脱力はある程度、体の筋感覚がある人

出来る事です。


つまり力が入っているかどうかをわかっている人には有効ですが、
それがわかっていない人にはわかりません。


筋力トレーニング、ストレッチ、ある種の運動を一定量こなさないと筋感覚ってわかっていかないです。

グリップも同じです。

ファームグリップ(firm grip )を使う



*声がハウリングして聞きにくくてすいません。


ファームグリップ(firm grip )
について話しています。

ファーム(firm)とは固定しているという意味です。
ゴルフ等でもよく使うそうです。

どういう力加減で持つか?が重要


よくスクールのレッスンで
グリップの話はされると思います。

でもそれは

このショットはこのグリップ、このショットはこのグリップと意識して練習して下さい。


厚いか薄いかそれをどう持つか?

に終始しています。

それも重要ですがそれは

打球に応じて合わせる基本中の基本でしかないです。

それを

どういう力加減で持つか?

が重要です。

そしてグリップの力加減。

ファームグリップ(firm grip )のやり方


これ自体は簡単にできます。

やり方は

①思いっきり強く握ってみる

②思いっきり抜いてみる(接触がなくなるギリギリまで)

③その中間で持つ

③がファームです。


ラケットは走るけどラケットは抜けていかない。
これがベストです。


注意して頂きたいのは

グリップが抜ける方は脱力し過ぎです。
ラケットヘッドが走らない方は握り過ぎです。

塩梅、コツです。



プロはほとんどファームです。
そこからもちろんインパクトでかなり強い力にが入るかはショットによってとなります。

何百万球と打っている内にどのくらいの力加減かがわかっていく。

フェデラーなんかは特にアップ時は
ほぼひっかけてるだけですからね。

タッチがいい選手はほとんど身体感覚的、手の平感覚的にわかっている。


そういう選手は言語で説明するのはあまり上手くない事が多い。
言葉は持ち合わせていないです。
(私自身もそういう先週に結構ヒアリングしてもそうですね。)

タッチが良い選手は一般的に神経系統が少ない手の甲にも同じ感覚がある。

彼らはミスっても力んでミスってる感じではないです。
彼自身は力んでいると思っているのでしょうが。

ボレーの場合もすぐに打球感が変わります。
是非練習時に取り入れてみて下さい。

よろしくお願い致します。





今日もこのブログを読んで頂きありがとうございました。
心から感謝しております。

皆様のテニスに進化が起きますように!

20年かけて作り上げた究極プライベートレッスン!最短・最速で補正、上達させます!
常識を覆す、目から鱗の驚きのレッスン
→ 究極の個人レッスン
体験募集しております!

テニス探求塾のメルマガ無料で購読しませんか?a-day-at-the-courts-v2-0-1540264-639x414
メルマガは2パターンで配信されます。

【定期便】
毎回ワンテーマを文、音声、動画等で配信します。
1日おきに365日間送られてきます。

【日刊】
コーチ独自の見地から見た話、ゆるい話等を盛り込んで書いていこうと思います。
メルマガでしか公開していない特典ご用意しております。

お名前
メールアドレス


ブログランキング
ブログランキング ←ポチ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ ←ポチっとお願い!(^o^)ノ